INTERVIEW 1IoT、クルマとのつながり法人営業本部 中日本法人営業部 中日本ソリューション第二グループ
宍倉 竜児 2012年入社
法政大学 経営学部卒

学生時代はハンドボール、入社してからは小中学校時代に親しんだバスケ部に所属していた宍倉。経営学部ということもあって、周囲が金融業界に就職していくなか、あえてIT・通信業界を選択。「入社してTDモバイルは本当にいい会社だと実感しています。これから入社する人にも後悔させません」と力強く語ってくれました。仕事への思いとともに、就職活動での企業選びのポイントも聞いてみました。

モバイル業界の最前線で
若いうちから経験を積みたい

就職活動中にいろいろな業種を回った中で、モバイル業界の成長は著しいものがあると感じました。この成長する業界で、BtoB、BtoCの両方面から、社会の通信基盤を支える仕事がしたいと考え、よりマーケットに近い販売代理店を目指しました。TDモバイルを選んだのは、若手が活躍できる環境があると感じたからです。他の会社では、まだ先輩のサポートをするような経験が少ない若手社員が、TDモバイルでは経営に関わる大きなプロジェクトを任されていて、いきいきと自分の仕事を語られていました。この会社だったら自分がやりたいと思ったことを後押ししてくれる、自分の力を試せると感じて入社を決めました。入社後も期待は裏切られず、早くから多様な仕事を任され、経験を積ませてもらっています。
入社後に配属されたのは法人営業の部署で、携帯電話だけでなく、業務を効率化できるアプリケーションやシステムの導入を提案していく仕事です。4年間ほど東京で勤務したあと名古屋に転勤になり、中部地区が営業エリアになりました。東京では中小企業を中心に80社から100社くらいを担当していましたが、今は従業員が何万人といる大企業を含む30社程度を担当しています。東京での営業とは違い、企業規模が変わると多くの部署とやりとりしながら、導入の方向性をまとめ、検討を進めていただかなくてはなりません。以前の営業スタイルとはまた違ったプレッシャーを感じますね。

真の顧客ニーズに応えるために
周囲の力を借りることが大事

提案はお客様のニーズがわかって初めてできるものですが、「何に困っていますか」と聞いたところで把握できるというものでもありません。現場の人はどういう働き方をしているのか、やりづらいと感じている点はあるのか、表面だけでは見えづらい潜在的な課題を引き出していく難しさを感じています。日進月歩で進化する技術をキャッチアップしていくために、日々の勉強も欠かせません。わからないことは、詳しい人に噛み砕いて教えてもらい、身につけていくほうが効率的です。一人でできることは限られているので、自分の限界が、自分が関わる仕事の限界にならないように周囲の力を上手く借りることを心掛けています。
プロジェクトを動かすのは大変なことですが、お客様のお役に立てていることを実感できるのは営業冥利につきます。3年間担当したお客様が、異動前に「私たちのミスを、まるで自分が悪かったかのようにすべて引き受けてしっかり対応してくれたことがあったね。ありがとう」とおっしゃってくださいました。私はそういうときこそ全力でやらなくてはと思ってベストを尽くしただけですが、改めてそう言っていただけたのは嬉しかったですね。

自分のやりたいことを優先。
知名度に惑わされない会社選びを

営業で様々な会社に訪問していると、名前は知られていなくてもいい会社がたくさんあることに気づきます。就職活動で会社を探しているときは、聞いたことがある会社を中心に志望してしまいがちですが、それではちょっともったいないと思います。どのような市場があって、そこにはどんな業種があって、どんな会社が必要とされているのか、まっさらな気持ちで調べてみることから始めるのがいいのではないでしょうか。会社を選んだあとは実際に足を運んで、自分に合うか合わないかを肌で感じてほしいですね。そのうえで、自分がこの会社に入って何をしたいのか、どんなことを成し遂げたいのかという想いを大事にすべきだと思います。 TDモバイルも通信キャリアの会社と違って社名が表に出ることが少ない会社ですが、私はこの会社で今の仕事ができていることに満足しています。若いうちから仕事の幅を広げることができる環境なので、自分次第でいくらでもチャレンジができます。そういう環境で頑張りたいと思う人なら入社して後悔することはないでしょう。
私個人としては、情熱をもって仕事をする人と一緒に働きたいですね。見ていて気持ちがいいし、やはり頑張らない人と仕事をしていても面白くないですから。人生で仕事が占める割合は決して少なくありません。いい仲間と、充実した時間を過ごしていけたら嬉しいです。

DAILY SCHEDULE

  • 7:00起床
  • 8:00家を出て電車で出社
  • 8:30会社到着
    メールチェック、資料の見直し
  • 9:00朝礼
    週1回、10分
  • 9:30営業ミーティング
    1時間
  • 10:30クライアント訪問へ出発
    (車で片道1時間)
  • 11:30クライアント先近くで早めのランチ
  • 13:00クライアント訪問 2、3件
  • 17:00帰社
    メールチェック、資料作成
  • 18:00退社
    同僚と飲むときは21時頃まで

CAREER STEPS